白駒池

残雪の白駒池

5月24~25日1泊2日で長野県八千穂高原へ親子キャンプに行ってきました。
今回の目的は4つ。

  1. いつまで付き合ってくれるかわからない息子との二人キャンプ
  2. かねてからまた行きたいと思っていた白駒の池
  3. 星空撮影地のロケハン
  4. コンパクト化したキャンプ道具で事足りるのかの検証

1.については、帰宅後本人に確認した所「また行きたい!」とのことでまだ付き合ってくれそう。

いつものように早朝4:00出発。途中休憩や寄り道をしながら、7:30白駒の池入り口有料駐車場(500円)に到着。するとなんと、5月も終わろうというのに残雪が!池を一周するハイキングコースは所々木道も隠れるくらいの積雪、踏み外すと深いところで30センチほど足が埋まるというとても歩きにくい状態。当然期待していた苔むした美しい原生林も泥や小枝の降り積もった雪に覆われ、どうにも画にならない・・・。しかたなくレンズを池に向け三脚固定で何枚か撮ってきた。

白駒の池は北八ヶ岳のふもと標高2,115メートルに位置する八千穂高原にあり、紅葉の名所としても有名です。20年以上前に2度訪れていますが、苔で覆われた原生林が美しかったという断片的な記憶を頼りに池を一周歩いてはみたものの、雪で隠されたその神秘的な風景とその記憶が重なることはありませんでした。色づき始める秋口にまた来れたらいいなと思いつつ白駒の池を後にします。

つづく

コメントを残す