プリムス ライテック・フライパン

PRIMUS ライテック・フライパン

かれこれ20年近く(とはいえ年に数回使用)愛用してきたユニフレームクッカーセットに入っていたアルミフライパン。所々焦げ付き防止のノンスティック加工(フッ素コーティング)が剥がれてきたので、ようやく買い替えました。

悩んだ末に選んだのはPRIMUS(プリムス) ライテック・フライパン。決め手は収納時にハンドルを外す必要がなく折りたためること。そして使う時にはしっかりと固定できる。当たり前な機能なのですが、今まで使ってきたユニフレームのフライパン(上画像)は、ネジ式の木製ハンドルをクルクルっと回して外し、ハンドルと本体を別々に持ち運ばないといけませんでした。しかも使う時にしっかりとハンドルを回してネジを締めておかなかったばかりに、調理中にフライパンが回って大地にぶちまけるという惨事を何度か経験・・・(不注意とはいえ泣くっしょTдT)

このPRIMUSのフライパン、使い慣れたユニフレームのフライパンに形が近く、深さもあるし底面の角が丸くなっているのも気に入った点。まあ、チャーハンのように振り回すわけじゃないけど、オムレツとかパンケーキとか、ひっくり返す系が楽に作れそう。

ハンドルはステンレス製の線材で、LOCKプレートをフライパン側にスライドすると、しっかり固定することができます。これでもう調理中に食材をぶちまけることはないでしょう。(たぶん・・・)

ハンドルの根元を両側から摘むと底面側に折り畳むことができ、付属のハーフメッシュのスタッフバッグに収納できます。このスタッフバッグにフライパンだけ収納するのはスペース的にもったいないので、Snowpeakチタンシェラカップとフッ素加コーティング面の傷付きを防止するため、SEA TO SUMMIT XL ボウルを一緒に入れています。

ソロ用クッカーの蓋と兼用になっているような小さなフライパンも持ってはいますが、結局使いづらいんですよね。直径が内径で20cm、重量260gと、手持ちのザックに入れるにはギリギリなサイズだけど、ザック1つで山々を縦走するような装備を求めているわけではないので、やはりフライパンはフライパンとしての機能をちゃんと満たせる専用の物が使いやすいです。

  

コメントを残す