アルミ鍋 再フッ素加工

お気に入りの鍋を再フッ素加工してみた

長年愛用してきたアルミ鋳物製両手鍋のテフロン加工が剥げ落ちてきたので、新しい鍋に買い換えようか悩んでいた所、再フッ素加工をしてくれる業者さんを見つけたのでお願いしてみることにしました。

アルミ鍋 再フッ素加工
これよりもっとひどかったのですが送る前に写真を撮り忘れたので、同じシリーズの片手鍋の写真を貼っておきます。

この鍋には特別な愛着があって5〜6年ほぼ毎日使い続けてきたのですが、当時デュポン社の最高峰である「テフロン・プラチナ プロ」仕様にもかかわらず、さすがに底面はボロボロ。同じものに買い換えたくてもすでに廃盤商品で市場にない・・・。私にとってこの鍋に代わる鍋は世の中に絶対に存在しないので、捨てるには忍びない。そんな愛用の鍋復活の救世主は、偶然ネットで見つけた岐阜県にあるフッ素加工の「アルファ技研さん(紹介許可頂きました)

事前にアルファ技研さんにメールで確認したところ加工には2〜3週間かかるそうなので、毎日使っているヨメの了解を得て鍋は岐阜県へと旅立ちました。

待つこと約2週間半。ボロボロだったテフロン加工がこのとおり新品のように!!

アルミ鍋 再フッ素加工

コーティングの詳細や強度はわかりませんが、これでまたしばらく現役として使い続けられそうです。

実はお試しでもう一つフッ素加工をお願いしていました。こちらも20年以上使い続けているキャンプ用のステンレスクッカー。元々フッ素加工されているわけではないので、新たに付けてもらうことになります。そして仕上がったのがこちら↓

キャンプ用クッカー フッ素加工

すばらしい!!完璧です!はやくキャンプ行きたい!
嬉しいので多めに写真貼っときますw

アルマイト加工を剥がさなきゃいけないせいか、肉厚が薄くなることもあるようですが、メスティンにフッ素加工をされている方もいるようなので、機会があったら次回お願いしてみようと思います。

往復の送料分がかかってしまうのがちょっと痛いですが、お友達と一緒にまとめて発送すれば安く上げられそうなので超オススメです。捨ててしまうなんて“モッタイナイ”。いいものを長く大切に使いましょう。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.